色が選べる

 黒い着物の後ろ姿

成人式の衣装をどうしようか、悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
女性の場合、成人式といえばやはり振袖です。
華やかで長い袖が特徴の振袖は若い女性だけが着られる特権で、振り袖が着られる年齢はだいたい25歳ごろまでと言われ、あまり長く着られる和服でないことも特徴です。

振袖はほとんどの和装がそうであるように、非常に高額であることも知られています。
素材がポリエステルなどの合繊などで仕立てが中国製などのものの場合、数万円から20万円ほどで販売されていますが、素材や質がそれなりの着物の場合、100万円弱から上限はキリがないと言われています。
振り袖の場合、着物以外の和装小物がたくさん必要になってきます。

帯や帯留め、長襦袢にバッグ、ヘア飾りなど小物を全て入れると、本当に高額な費用がかかります。
高いお金をかけて振り袖一式を買っても、成人式が終われば友人の結婚式などで1度か2度ほど袖を通すだけという人が多数で、あまり経済的だとはいえません。
レンタルであれば、質のよい振り袖を低価格で借りることができます。
着物だけでなく、和装小物一式まとめてレンタルでき、成人式が終わればそのまま返却するだけなので、着たあとで着物をきちんと仕舞ったり、保管する必要がありません。
振袖のレンタル以外に、ヘアメイクのセットになっているところもあるので、振袖の柄やイメージに合わせた全身コーディネートにしてもらえると評判のようです。